ゆきか速報

気になるニュースを 気まぐれで

“田舎”「ポケモンGO」プレーヤーからの悲痛な叫びが話題に

   

◆「ポケモンGO」の日本国内での配信から3日がたちました。

任天堂などが開発した「ポケモンGO」はスマホの位置情報を活用、現実世界を舞台にポケモンを捕まえたりするゲーム。22日に配信され、日本国内の話題は「ポケモンGO」一色。早くも"社会現象"となっている。

◆都内のフィーバーぶりもエラいことになっていました。

すでに有力情報は拡散しており、新宿御苑が “ピカチュウの森” となっているなど、大盛り上がりを見せている。

ピカチュウが捕れると聞いて新宿御苑にきてみたら、トレーナーで大混雑!ww

そして確かにピカチュウ出まくりワロタ。入園料200円払ってモンスター取り放題。リアルサファリパークやないかww
#ポケモンGO pic.twitter.com/68AU0JEv13

人気が高いポケモン「ピカチュウ」の出現率が高く“ピカチュウの巣”と呼ばれている新宿御苑(新宿区・渋谷区)には「花見の時期と同じくらい」混雑。

現在の新宿御苑は桜花が乱れまくっています
#ポケモンGO pic.twitter.com/nD1RFev4jF

Pokemon GOでは「ルアーモジュール」(ポケモンを集めやすくする有料の課金アイテム)を使うと、画面上に桜の花びらが舞うように表示される。真夏の新宿御苑には、そんな“時期外れの桜”が乱れ咲いていた。

◆しかし、配信直後から話題となっていたのが、都会と田舎との"地域格差"

【ポケモンGOでも地域格差】

1枚目:東京
2枚目:徳島
3枚目:北海道

残念ながらポケモンGOでも
地域格差は埋まらないようですね。

#ポケモンGO pic.twitter.com/TwFZe7QLIt

◆田舎在住のプレイヤーたちからは悲痛な叫びがTwitterに多数寄せられいます。

田舎の一部では「ポケGO」を遊ぶ上で重要な「ポケストップ」や「ジム」がほとんどないうえ、そもそもポケモン自体が全然出現しないというのです。

「ポケストップ」では、モンスターボールなどのアイテムを獲得することがが可能。「ジム」では自分が育てたポケモンでバトルができます。

見渡す限り…なんもない。。

田舎では田んぼはあっても、肝心のモンスターが出てこない上、アイテムがもらえる「ポケスポット」さえも見当たらない。

道民だからある程度覚悟はしていたけど、ポケストップ近くに無いし、冬は死の可能性すらある pic.twitter.com/p35vtgX6bA

田舎のポケモンGO(※すべて個人の感想です) pic.twitter.com/CzgBBZhztF

ポケモンGOやって田舎と都会でポケストップの数が違いすぎる!って事に対して「だからサトシもマサラタウンにさよならバイバイしたんだろ」ってコメント秀逸過ぎて

ポケモンGOを遊ぼうとしてもスポットが少なくて楽しめない地域のことをマサラタウンって言うのやめようね

自虐ネタも…申し訳ないけど笑えるw

いっけなーい殺意殺意私、ポケモンGOを楽しむ田舎民✨でもある日「ボールないならポケストップ行けよ」とか言う都会民が現れてもう大変田舎にポケストップがそんなにあると思ってるのか次回「ポケストップどころか道もない」お楽しみに pic.twitter.com/1C4uAlz9Xg

田舎はいいぞぉ~。ポケモンGoしながら歩いてる人そんな居ないししてたとしてもながらはそんな多くないし。私?私はそもそもポケモンGo家でしか開いてません。全くGoしてません

"地域格差"に対して不満を訴える人が続出…

「ポケモンGOで沢山歩いてポケモンを捕まえたりタマゴを孵化させよう!」

田舎民
「歩くどころか見渡す限り何もない」

都会民
「動く歩道に沢山人がいる」
「丸ノ内シャトルバスがおすすめ」
「山手線1周」
「京都で人力車が観光地も回れるし最強」

著しい格差社会

     - 未分類

    ×