ゆきか速報

気になるニュースを 気まぐれで

ポドルスキだけじゃない!今期のJリーグはこの外国人選手に注目せよ!

   

開幕まであと1ヶ月程度となったJリーグ

元々戦力が充実していた上にペドロジュニオール、レアンドロ、レオ・シルバといった反則レベルの補強を実施。柴崎がスペインに移籍したとしてもその戦力は抜けているのではないでしょうか。

Jリーグは13日に2017年のJリーグ年間スケジュールを発表した。各リーグの開幕はJ1リーグが2月25日、J2リーグが2月26日、J3リーグが3月11日となっている。

連覇を目指す2016年王者の鹿島アントラーズは、ホームにFC東京を迎えて開幕戦を戦う。年間勝ち点首位でレギュラーシーズンを終えながらもチャンピオンシップ決勝で鹿島に敗れた浦和レッズは、アウェイで横浜F・マリノスとの対戦となる。

J1の連覇だけでなくクラブ史上初となるアジア制覇を本気で狙ってほしい陣容になっている。J1は鹿島が中心で回っていくだろう。

ヴィッセル神戸のポドルスキ獲得には衝撃が走った

ブンデスリーガ、プレミアリーグでも活躍しておりドイツ代表でも主力の1人でした。まもなく正式加入になつ見込みとのことです。

神戸、ポドルスキに年俸約10億ってすげーな

ってかそれ出せるなら他にも取れそーな選手いるのになwww

ポドルスキ来るんかいマジで優勝あるだろ

ポドルスキ昔から好きな選手だったから一度は見たい!

ただ今期のJ1には注目外国人選手が目白押し!

注目すべき選手をピックアップしてみました

サントス時代はレヴァンドフスキと比較されていたとか。なんでもできる万能アタッカーという印象です。ゴール前での落ち着きも凄い。

2013年には2部に降格していたパルメイラスの1部昇格に貢献する活躍を見せ、ブラジル代表を率いていたルイス・フェリペ・スコラーリ監督からの招集も受けた。同年4月に行われたボリビア代表との国際親善試合で代表デビューを飾り、その試合で初ゴールも記録している。

「個人で局面を打開できる攻撃の万能タイプ。フィジカル能力が高く、鋭い切り返しやボールを縦に運ぶ推進力がある」という。さらに、守備面でも献身的な動きを見せるスタイルは、クラブが掲げる「献身・誠実・尊重」のジーコ・スピリットとも合致。

セルビアの名門レッドスターに所属しリーグ最優秀選手に選出されている。

名門レッドスターに加入した2015/16シーズンはセルビアリーグで得点ランク2位の20ゴールを挙げる活躍を見せ、チームの優勝に大きく貢献。選手協会の選出による年間最優秀選手賞も受賞した。

ポジションはFWで、スピードを活かした飛び出しで決定的な仕事ができる選手。ドリブルも得意とし、サイドでもプレー可能だ。

ヘイスはブラジル出身ながら、オランダの強豪PSVでプロデビュー。同クラブで26試合に出場し、11得点を挙げている。2011年に期限付きでトゥピFC(ブラジル)に移籍し、主力選手として活躍した。またオランダに帰国後は、フィテッセに移籍し、3シーズンで7得点。

オランダリーグでも活躍したヘイスは高いシュートセンスを持っており、多少のアバウトなクロスでもゴール枠内に飛ばす力量を持っている。

質の良いミドルシュートも持ち合わせる。新潟の外国人は当たる気しかしない。

これまでボタフォゴや、コリチーバなどでプレーしてきた攻撃的MFのチアゴ・ガリャルドは2016シーズン、ポンチプレッタに期限付き移籍。ブラジル全国選手権で21試合に出場した。

同選手の特徴について「相手の急所をかぎ分け、ピンポイントで得点につながるラストパスを繰り出すことができるMF」と紹介している。チアゴ・ガリャルドはボタフォゴやコリチーバでプレイ。2016年はレンタル先のレッドブル・ブラジル、ポンチプレッタで活躍し、ブラジル全国選手権を8位で終えたポンチプレッタでは10番を背負い、24試合で2得点をマークした。

スピード豊かなプレイに加え、どこからでもゴールを狙ってくるストライカーらしい選手。どこかエメルソンとかぶりますね。

新潟公式HPによれば、「驚異的なスピードと躍動感あふれるプレーが魅力のアタッカー。力強く、かつスピードに乗ったドリブルで相手の守備網を切り崩し、鋭い感覚でゴールを量産する」という。

シュートの形をもっているし、スピード、キレ抜群です。テクニックもあります。

これまで以上に外国人選手のスーパーな活躍が期待されます

これだけ補強できるのもDAZN効果?
2017年は上位にいれば分配金の額も大幅に変わるから、積極補強も上位確保への投資。上位に入れば取り返せるはず。。
あとDAZNは視聴環境が悪いみたいだから視聴難民増えてスタジアムの観客動員数増にも期待(笑)

     - 未分類

    ×