ゆきか速報

気になるニュースを 気まぐれで

体の為に選びたい。負担を減らす「エルゴノミクスチェア」5選

   

悪い姿勢は腰痛の元

立っているより座っている方が楽なものですが、実は、座った姿勢は腰に負担をかけることが多いことをご存知でしょうか。

。特に座りっぱなしの仕事の場合、慢性的な腰痛を抱えている人も少なくないでしょう。痛みがひどくなると、集中力にも欠け、仕事ができなくなることもあります。

だからこそ選びたい、人間工学に基づいた椅子

疲れないデスクチェアを選ぶのであれば、人間の体の作りや行動を研究し、人間工学に基づいて作られるエルゴノミクスチェアを選ぶのがおすすめです

製品に「エルゴノミクスデザイン」と使われているのであれば、この分野の技術を応用した、より使いやすく・負担が少ない・無理のない使い方が出来る道具と考えていただけれほぼ合っています。

通常の椅子に比べると非常に複雑なデザインになっている事が多く、座った時の感覚が通常の椅子とは大きく異なっているのが特徴です。

そのため椅子の場合にも本来は長時間維持するのが辛い「正しい姿勢」を自然と維持できるような形状になっており、結果として長時間の作業でも疲れを感じにくくなる、という利点があります。

。1日2~3時間座る人なら3万円くらいの椅子でもいいと思います。しかし「椅子に座っている時間こそが人生だ!」という人は、少なくとも6万以上の椅子を検討して購入すべきです。

安い椅子では体が歪んでしまいますし、不要な疲れが溜まります。作業効率すら変わってきます。

Ergohuman

Ergohuman Pro

    ページ: 1 2 3 4 5

     - 未分類

    ×