ゆきか速報

気になるニュースを 気まぐれで

激戦の末ソフトバンクが勝利。ソフトバンクの日本シリーズ優勝に祝福の声

   

日本一はソフトバンクに

パ・リーグ覇者のソフトバンクが、DeNAを延長11回、川島のサヨナラ打で下して4勝2敗とし、2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

サヨナラ勝ちでの日本一は1950年毎日、65年巨人、88年西武以来、4球団目。

試合はソフトバンクが先手をとる展開に

ソフトバンクが先手を取った。2回2死走者なし。6番松田が今シリーズ1号となる左中間へのソロ本塁打を放ち1点を先制した。

1点を追うDeNAも5回に反撃を開始。日本シリーズ初起用となった7番指名打者の白崎が、先発東浜から左越えに1号ソロ本塁打を放ち同点。

ここでラミレス監督は7回4安打1失点と好投していた今永に代えて代打・田中浩を起用。この田中浩が初球で送りバントを決めて1死二、三塁とチャンスを広げると、続く倉本の打球は一塁ゴロに。

打ち取られた当たりだったが、これをヤクルトの一塁手・リベロが本塁悪送球する間に1点が入り、DeNAが勝ち越し。さらに桑原のスクイズも決まって2点リードとした。

1死走者なし。4番内川は9回から登板した守護神・山崎康の内角に沈む変化球を捉え、左越えに運び去る同点ソロで試合は振り出しに戻した。

勝利監督のインタビューでは

「3点取られた後も絶対に勝つ、ここで決めるんだと選手を信じて采配を振っていました。

選手たちが実力以上のものを出してくれて、強いホークスをヤフオクドームの皆さんの前で見せることができて、何より幸せです!」とファンに感謝していた。

一方で、ラミレス監督は後悔はないとコメント

ラミレス監督は「去年はCSファイナルで負けたが、今年はここまで勝ち上がってきた。ここにくるまでに、何をすべきか分かった。来年は優勝を目指して準備したい。何事にも甘く見てはいけない。すべてのプレーで、気を抜いてはいけないということを学んだ。

人間なのでミスはつきもの。数々の決断をしたが、うまくいった部分があった。かなり学ぶことができた。自信にもなった。後悔したくなかったし、今日も後悔はなにもない。ベストの決断をして、選手がベストのプレーをしてくれた」と話した。

ネット上ではソフトバンク優勝に祝福の声があがっています

     - 未分類

    ×