ゆきか速報

気になるニュースを 気まぐれで

“敬遠を打つ暴投もない”四球申告制度導入に色んな意見が。

   

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎来季から導入されるチャレンジシステム。

これまでは審判員が必要と判断した場合にのみ行われていたリプレー検証

プロ野球で来季から判定に異議がある際に監督が映像による検証を求めることができる制度が導入される

プロ野球。

来季から、監督が判定に異議があった場合にリプレー検証を要求できる「チャレンジ制度」を導入。

詳細はあす13日のスポニチ紙面で。

#スポニチ #チャレンジ

去年の日本シリーズも似たようなのがあったな…
どっちもアウト判定からのビデオ判定でセーフになったやつ… pic.twitter.com/ZqrvsEOykz

▼本格的に特殊なプレーにビデオ判定を要求できる…来シーズンから。

「チャレンジ」の対象となるのは本塁以外でのアウト、セーフやファウル、フェアの判定とみられ、ストライク、ボールは対象外。

これにより、来季から試合の展開などが大きく様変わりする可能性が出てきた。

日本の国技である相撲でさえ物言いというチャレンジ制度があるんだから野球が導入しない理由が無い。

野球の"チャレンジ"制度、理解できん。
いちいち試合止まるし、めんどくさい。
わざわざ微妙なプレイする選手が悪いんだよ

来年からプロ野球で導入らしい。

▼そして、今回の制度が追加に。

◎四球は申告制になるみたい…プロ、アマ適用

米大リーグでは試合時間短縮を目的に今季から実施されており、1年遅れで日本球界も歩調を合わせることになった。

日本でも四球が申告制になってしまうのか。。。

日本球界でも来シーズンから導入される見通しであることが18日、分かった。プロ、アマの統一ルールとして規則化される見込み。

来年1月10日に開かれる日本野球機構(NPB)の規則委員会で正式決定し、翌11日のプロ・アマ合同の規則委員会で公認野球規則へ記載することが決まる。

▼1球も投げずに次のバッターになる。

監督が意思表示すれば、ピッチャーは1球も投げずにバッターがそのまま一塁へ歩かなければならない。

敬遠を巡っては、日本ではクロマティ(巨)や新庄(神)が敬遠のボールをサヨナラ安打したり、長嶋(巨)がランニング本塁打を放ったりしたケースがある。

◎イチローも直面した時に、空気感があるでしょう…コメント。

マーリンズのイチロー外野手(43)が「(敬遠も)野球の一部であり、変えるべきではない」とコメントした

     - 未分類

    ×