ゆきか速報

気になるニュースを 気まぐれで

【ネタバレ】かぐや姫の物語は、クズの宝庫だった【ジブリ映画】

   

この記事は私がまとめました

この作品では、地球の汚れを描いている。

baseraさん

はじめに

かぐや姫は、月の王の娘で
地球に憧れていた

しかし地球は汚れに満ちており、憧れる事は罪だった

月の王は、罰として
かぐや姫を地球に送り込む

そして翁が竹の中から
小さな赤ん坊【かぐや姫】を見つける

『かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は高畑勲が務めた。2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。

クズなキャラクターたち

かぐや姫の育ての親

最初は愛情を注いでいるが
金持ちになった途端

姫を道具のように考える

かぐや姫と別れた時は
愛情を取り戻し、本気で泣いていた

その後、翁と媼は屋敷で暮らしている

ちなみに帝はかぐや姫と結婚できなかったので
翁は、後で謝りに行かないといけない

翁が嫌いと言われる理由は、身分の高い男性との結婚が娘の一番の幸せであると考えていた事だと思います。

お金があり権力がある男性と結婚をすれば生活に困る事はない、裕福な生活ができる、幸せになれる。

このように翁は本気でかぐや姫の事を考えていたのだと思います。

    ページ: 1 2 3 4 5

     - 未分類

    ×