ゆきか速報

気になるニュースを 気まぐれで

”与田剛”さん。中日ドラゴンズの新監督!現役成績。プロフィール。最新情報。(随時更新)

   

この記事は私がまとめました

与田剛さん。中日の新監督に決定。

中日の森繁和監督(63)が今季限りで退任し、後任に球団OBで楽天で投手コーチを務めた与田剛氏(52)が就任することが11日、分かった。この日取材に応じた白井文吾オーナーは与田氏について「しっかりしている」と評価。再建を託す決断をしたことを認めた。10日に白井オーナー、編成部の仕事も兼ねる森監督らが会合で要請し、与田氏は受諾したという。

チームの再建を託された与田氏はこの日、スポニチ本紙の取材に応じ「こういった形でまたドラゴンズのユニホームを着させてもらうとは思わなかった。ありがたい気持ちです。大きな責任があるので良い結果を出すことが一番」と固い決意を口にした。

与田剛さん。楽天の2軍投手コーチを退任。

楽天は池山隆寛2軍監督、与田剛2軍投手コーチら首脳陣8人と来季の契約を行わないことも発表。2軍の今季成績は52勝60敗7分で5位だった。

与田剛さんのプロフィール

与田 剛(よだ・つよし)1965年(昭40)12月4日生まれ、千葉県出身の52歳。木更津中央から亜大、NTT東京を経て、89年ドラフト1位で中日入団。1年目の90年に新人王、最優秀救援投手。96年シーズン途中にトレードでロッテに移籍。その後日本ハム、阪神に所属も、移籍後は99年の1試合以外1軍登板なし。00年に現役引退。09、13年WBCで侍ジャパン投手コーチを経て、16年から今季まで楽天投手コーチ。右投げ右打ち。

与田氏の現役生活は、そのブルペンから飛び出す救援マウンドが主戦場だった。89年ドラフト1位で中日に入団した当時、チームを率いたのは星野監督。野茂英雄を史上最多の8球団が指名する中での単独指名だった。星野監督は郭源治の故障もあり、1年目の90年から抑えに抜てき。これに応えた与田は、当時新人最多となる31セーブを挙げて最優秀救援投手のタイトルと新人王に輝いた。武器は最速157キロの剛速球だった。

野球選手として特別長身ではなかったが、肩幅が広く現役を引退してからも肩幅について話題になる。「肩幅60cm」と報じられることもあり、与田よりも10センチ以上身長の高いダルビッシュ有が「どうなってるんですか。その肩幅は」と声をかけるほどである。

現役時代を知らない方へ、与田剛さんの全盛期のピッチング

#dragons pic.twitter.com/zdfL5C7uCy

     - 未分類

    ×